Love,Laugh and PEACE! from Hiroshima
馬に乗るライフコーチ
&ピースクリエイター
きょうちゃん(結葵)
の日記です
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
Counter
☆Facebook☆
Today's Bottle
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
好きな本と音楽たち
Other


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
フツーって
若い頃、私はなーんにも考えていないおバカな女の子だった、と思う。
なんでかっていうと、フツーに結婚して、子供をふたりくらい(上は女の子、下は男の子)を産んで育てて、週末は旦那さんに家族サービスしてもらって、今ぐらいの歳には、マイホームで優雅にフツーの奥様をやっている・・・そんな人生が当たり前のように自分にもやってくる、と根拠もなく思っていたからだ。
この話をすると、娘はすかさずこう言う。「おかーさんにはそんなの絶対向いてない、絶対ムリ!笑」ってね。で、ご存知の通り、私の人生は、ぜーんぜんそんなふうにはいかなかった。

 
まず、結婚生活が続いていない(バツイチである)。子供はひとり(女のみ)。週末は、家でのんびり…否、疲れてぐーたらしてるか、最近は馬に乗りに出かけてるか、ちょっと前まではコーチング関係のイベント主催とかでドタバタしてるか、そんなところ。旦那さんはいないから、自分が家族サービスする側で、車の運転も全部自分でする。この歳になっても、マイホームは持っておらず、未だに実家で借り暮らし。光熱費使い過ぎ!って母に文句言われながら。優雅な奥様なんて、私には一生なれそうもない。・・・と、これが現実の私の人生なのである。

 
「こんなはずじゃあなかったのよ」と娘に冗談言って、いつもふたりで笑うのだけど、あの頃なんであんなふうに疑問も持たずにそんなこと思っていたのか、今では???である。フツーってなんだよ?である。

 
10代の頃、海外(特にヨーロッパ)に憧れ、世界一周旅行とかしてみたい!と夢見ていた。でもそれは本当にただ見ているだけの、ただ憧れているだけの夢だった。決断力も、決行するだけの勇気も、実現するための努力も、何もかも中途半端。世間知らずの箱入り娘、あまちゃんだったのだと思う。

 
それが離婚を機に、27歳でポーンと外の世界に放り出された。3歳の娘を抱えて、親子二人どうにかして食ってかなきゃいけなくなって、いろんなこと全部自分で考えて、自分が決めて、その責任も全部自分が背負うってことを、やらざるを得なくなった。そういうことをしたかったのか?というと、決して望んでした離婚ではなかったし、全然したかったわけではなかった。でも、やらざるを得なくなってしまった。

 
しんどかった。長いこと、ずっとしんどかった。自分のそういう人生の巡り合わせを受け入れることが全然できなかった。その頃は無意識だったのだろうけど、自分のそういう人生を認めたくなかったのかもしれない。なんで私がこんな目に合わなきゃいけないの?っていう被害妄想てんこ盛りの自分しかいなかった。めちゃくちゃひねくれてた。ひん曲がってた。自分は悪くないって思いたいから、周囲は全部敵だった。いつも何かに怒ってた。何もかもに腹が立って噛みついてた。・・・そして、ものすごく寂しかった。孤独だった。独りぼっち(娘はいたけど、そう思っていた)がとんでもなく辛くて悲しくて、夜、娘が寝た後、ひとりで泣いてた。私の気持ちなんて誰にもわかるはずがない、と。

 
20代の後半、私にはあまり楽しい思い出がない。本来なら、いちばん楽しいはずの時期だろうに。子育ても、その頃の私にとっては重い責任に感じることだったから、楽しむことがほとんど出来なかった。娘にとっては全然いい親ではなかっただろう。

 
まったくもって、私がおこちゃまだった頃、疑問もなく思ってたフツーとななんぞや?である。
| 私の物語 | 00:54 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:54 | - |