Love,Laugh and PEACE! from Hiroshima
馬に乗るライフコーチ
&ピースクリエイター
きょうちゃん(結葵)
の日記です
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
Counter
☆Facebook☆
Today's Bottle
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
好きな本と音楽たち
Other


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
9月

魔の8月31日が終わると何故か毎年ホッとする。
8月31日は、前夫が交通事故で記憶喪失になった日。

あれから18年!も経ったというのに、まだ私はあの日以来起きた
さまざまなことから解放されてないみたいに感じることがある。
18年も前の出来事が未だに私に影響を与えていることが、
なんともいいようのない気持ちにさせる。

あの時、生後2カ月にも満たない娘を赤ちゃんかごに入れて、
病院へ向かったことや、
帰りの車の中で、バッグの留め金を無意識に開け閉めしていた
私に、彼の会社の上司の人が「落ちついて、大丈夫」と声を
かけてくれたこと、
すごく天気のいい日で、洗濯物を急いで取りこみながら、
涙が滲んできたこと、
・・・そんなことをいつも思い出す。

いつの頃からか、夏が本当に苦手になった。
その事故のためなのかどうかはわからないけれど、
夏になると、何故か毎年情緒不安定な感じになってしまう。
蝉の鳴く声が、ある時ふと耳にまとわりつき、
急にひどくうるさい耳障りな音に感じていたり。

だから9月になるとホッとする。
残暑厳しくとも、もうすぐ暑さも徐々にやわらいでくることが信じられる
気分になれるし、夜に鳴く虫の声にホッとする。

18年前、赤ちゃんだった娘が歌を歌っている。


| ひとりごと | 19:43 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:43 | - |