Love,Laugh and PEACE! from Hiroshima
馬に乗るライフコーチ
&ピースクリエイター
きょうちゃん(結葵)
の日記です
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
Counter
☆Facebook☆
Today's Bottle
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
好きな本と音楽たち
Other


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
新しいスタート

昨日は新月でした。
新月の時には、新しく何かを始めるのによい、と言いますよね。
今回は、本当に自分にとって、そのタイミングが重なりました。
数日前に私にとっての大きな決断をしたのですが、昨日はそれを
宣言したのです。

"Be the change you want to see in the world."

「あなたが見たいと思う世界に、まずあなた自身がなりなさい。」

これはガンジーの言葉です。

私はこれまで、コーチングを通じて、平和な世界をつくることに役に
立ちたいと思って、コーチングに関わる活動をしてきました。

平和な世界は、私の願いです。この願いを本当に実現するために、
まずは自分自身が平和な世界そのものになること、そのbeingに
なるためのdoingを起こしていくことに意識を集中したいと思い、
2010年から関わってきた、日本コーチ協会広島チャプターの活動
を、3月末で一旦終了することに決めたのです。

この決断に至るまで、半年くらい悩みました。
チャプターの活動を「続ける」という選択肢にも、「続けない」という
選択肢にも、どちらにも私が大事にしたい価値観があって、その
どちらにも妥協したくない自分がいて、なかなか決めることができ
ませんでした。

背中を押してくれたのは、榎本さんが言われた言葉でした。
「同じことを繰り返して、違う結果を得ようとするのは正気の沙汰
ではない。」
違う結果を出したければ、違う行動を起こさなければならない、と
ということです。

私は今まで、自分のためだけに物事を決める、ということが、なか
なか出来ない性質で、周りの反応や自分に求められていることを
優先してしまいがちでした。
今回の決断も、心のどこかで、もしかしたら自分のためだけにする
決断なのではないだろうか、と感じる部分があり、躊躇していました。

榎本さんが言われた言葉を教えてくださったのは、今のコーチです
が、コーチと一緒にいろいろな方向から考えました。そして、最終的
に、この言葉が私の迷いを拭ってくれたように思います。

決断してすぐは、「決めました」と言いながらも揺れる自分を感じて
いました。
その後、コーチ仲間に少しずつ宣言しているうちに徐々に、そして
昨日、広島チャプターの運営委員の方々に宣言した今では、
気持ちもすっきり、揺れもおさまってきたように感じており、なんだか
新しいスタートラインに立ったようで、目の前がだんだん明るくなって
きたような気がしています。

まだ少し残りの任期もありますが、4月以降がとても楽しみになって
きました。馬との時間を増やしたいなーと思っています。

広島チャプターでの活動は一旦終了しますが、コーチング関係の
活動は、続けていきます。今後もよろしくお願いいたします。



| 感じること | 00:29 | comments(0) |
忘れないために

最近、手軽に書けてしまうFacebookの方に、つい思いを綴ってしまうが、
Facebookはどんどん流れていってしまうので、自分にとって大事だと
感じることは、やっぱりこっちに書いておくべきだと思いました。
まる写しだけど、このまえFacebookに書いたことを、そのまま載せさせ
てください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私にとってコーチングは、単なる目標達成のためのものもなく、自
分を
変えるためだけのものでもなく、自己実現のためだけのもので
もない。

私にとって大切なのは、人と人との関係性をどうつくるか?ということで、
そのために役立つ智慧が、コーチングの土台になっている
考え方(哲学)
や人間観の中にある、ということです。そして、私
は、コーチングの哲学や
人間観が、とても好きです。

自らがそれをどう実践し、どのようにそれを生きていくのか、とい
うことに
関心があるだけで、もしかしたら所謂コーチングというも
のにはあまり興味
がないのかもしれません。

今の私は、それを実践できているかどうか、それを生きているかど
うかと
問われたら、出来ていないと思います。でも、出来ているっ
て思ったら、
その時点で出来なくなるもののような気もします。
すごく偏っていると思うし、反論もあると思いますが、
私はそうな
んじゃー、悪いか?!って、今日は言いたい気分です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| 感じること | 00:16 | comments(0) |

昨日、喫茶の会の前に、桜の花を発見
ちょっとボケてるけど。。

こんな時だからこそ、小さな喜びを見つけたい。
たくさんの情報に翻弄され、自分を見失わないためにも。
不安や恐れから生きるのではなく、愛から生きることを選択しよう。

広島でも水を買いだめしている人の姿をスーパーで見ます。
複雑な気持ちになります。
あなたは水を買いに走りますか?
私は?自分に問いが返ってきます。

今日は、オーラソーマの72の天使のコンサルテーションを受けました。
自分のガーディアンエンジェルと、ハートエンジェル、インテレクトエンジェル
を、誕生日と誕生時間から導き出して、対応するボトルを見ていくのですが、
いろんなことがわかり、とても面白かったです。
私のガーディアンエンジェルはミカエルでした。



写真の後列のボトルが、エンジェルボトルで、
前列が、今日のセレクトボトル。

全てを通して、やっぱり私はコミュニケーションがテーマのようです。
そして「軽やかに生きる」というテーマも。
それから「正義」とか「バランス」といったテーマもあらわれていました。

また、今年は「違いから創る」というギフトがあるんだな、ということも
改めて明確にわかりました。

明日から、オーラソーマのレベル1のコースを再受講します。
今のこの時期に再受講するというタイミング。
しっかり味わって、楽しみたいと思います。

| 感じること | 00:31 | comments(0) |
予定通り

どんどん死者の数が増え、それでもまだまだ行方不明者がたく
さんおられ、そのうえ原発が危機に瀕している、このような状況
の中ですが、明日のコーチング体験ワークショップは予定通り
開催します。
そして、集まった参加費はすべて、義援金として寄付することに
決めました。

コーチングが、人をエンパワーするものであるならば、西日本に
住む私たちが、今回のコーチングを学ぶ機会に、今まさしく支援
を必要としている地域に向けて、エンパワーできることは何かと
考えた時、参加費の寄付という形がよいのではないかと、コーチ
仲間のスーさんが提案してくれました。

実は、今回参加してくださる予定だったコーチが一人、仙台市の
医師会からの要請で応援に向かうということで(広島から車でと
聞きました)、体験会には参加できなくなってしまい、慌てて代わ
りのコーチを探す、という事態になりましたが、これもコーチ仲間
の協力のおかげで、見つけることができました。
改めて、いかに自分がいつも多くの人たちにお世話になっている
かということを実感し、感謝はいくらしてもし足りないかもしれない、
と感じました。みなさま、本当にいつもありがとうございます。

私も、茨城県に住む大学時代の友人に向け、ささやかな支援の
物資を送ることにしました。
まだ普段通りの生活に戻っていないにも関わらず、もっと被害の
大きかった地域の被災者のことを思いやる彼女をすごいと思い
ました。

今日は、榎本さんからメールでメッセージが届き、コーアクティブ
を学んだ私たちはその真価が問われていると書かれてありました。
私も同じ思いがしています。
・・・以下、榎本さんのメールより引用。

自分を見失って、恐れから生きるのか、それとも自分を含めて「人
はもともと完全な存在であり、自ら答えを見つける力を持っている」
と信じ、愛から生きるのか。それによって、今回の出来事が持つ意
味がのちのち大きく変わってくるのではないかと私は感じています。
皆さまの心身の平安を願いつつ、この困難が皆さまの本来の力を
引き出し、皆さまのコーアクティブなあり方や関わり方が周りの人
たちにたくさんの希望や勇気をもたらすことを心から願ってやみま
せん。
・・・以上、引用終わり。

私自身、今いろんなことを感じています。
まだまだ整理できず、言葉にならない感じです。
でも、とにかく情報に振り回されずに、自分自身としっかりつながっ
て、深呼吸し落ち着いて、感謝の気持ちで毎日を過ごそうと思って
います。

| 感じること | 14:50 | comments(0) |
榎本さんの講演を終えて

昨日無事、榎本さんの講演会を終えることができました。

今、感じていることは、今までにない充実感と、
広島チャプターの仲間たちとのつながり、そしてとても
幸せな気持ち。「至福」というのは、こういう感じなのかも
しれません。

8年間、ずっと榎本さんの講演を広島で開催することを
願い続けてきましたが、正直もう叶わないかもしれない、
と思ったこともあります。
でもどうしても、諦めることが出来なかった。
なぜ、諦められなかったのか?単なる意地だったのか、
単に私が諦めの悪い性格だからなのか、わからなかった
けれど、今思うのは、もしかしたら何かに呼ばれていたの
かもしれないということがわかりました。
諦めなくて本当に良かった、と心から思います。

だって、来てくださった参加者に、何らかのインパクトを
与えることが出来た、という確信があるから。
それが、必ず、「誰かをエンパワーすることで、望ましい
変化をつくりだすこと」につながると思うから。

そして何より嬉しかったのは、辞めようとしていたチャプター
の仲間の一人が、昨日の講演会後に、「もう少しこの広島
チャプターに留まってみようと思う」と言ってくれたことでした。

もちろん、私自身にも、とてもたくさんのことが残りました。

ずっと、広島チャプターのメンバーに対して、仲間という感じ
を持てずにいたけれど、終わってみて気づいた。
私は「仲間」という実感を持ちたかったんだな、ということに。
何よりもそれを望んでいたんだな、ということに。

講演会には、娘も参加してくれました。
8年間、榎本さんの講演を願い続けてきた私を、一番近くで
ずっと見ていてくれて、応援し続けてくれていた娘は、
その榎本さんに会ってみたい、と言って参加してくれました。
私が、打ち上げを終えて帰宅すると、娘は、講演会の感想
を話してくれた後、あるひとつの決意を宣言してくれました。
私はそれが、とっても嬉しかったです。
私はいつも、榎本さんには呼び覚まされてきたけれど、
またしても自分自身を問い質され、呼び覚まされ、私自身も
ひとつ心に決めたことがあったから。

やっぱり榎本さんは凄い人です。
私にとっては、本当に本当に、とても大切な人です。

その大切な人を広島に呼んで、講演会をする、という私の
願いを、それぞれの出来る形で、サポートしてくれてきた
すべての人たちに、心からありがとうを言いたいです。
そしてまた、昨日の講演会に参加してくださった方々にも。

本当に本当に、ありがとうございました!!!


| 感じること | 08:42 | comments(0) |
私なりのひとつの区切り

娘の退学の際の学校の対応などに対して、
どうしても納得がいかない気持ちがあるので、
今日、教育委員会に電話をしました。

再入学の制度など、もっと適切な時期に情報を教えて
欲しかったということ、
必要な情報が与えられている状態で
今後の進路などを考えたかったということ、
もっと早くその情報を知っていれば
娘も私も、もっと楽な気持ちで先のことを考えることが
できたかもしれないこと、
もっと早くやり直しができたかもしれないということ、
今回のことで、非常にがっかりというか残念な気持ちに
なったということ、
今後、同じようなケースに対して、学校側の適切な対応を
望むということ、

・・・こういう気持ちや考えを、伝えました。

教育委員会の方は、すごく丁寧に私の話を聴いてくださり、
学校側へ指導することを約束してくださり、
またその事後報告もしていただくことができました。

これは、長い間(実に約8年間)、
娘の不登校問題に悩まされてきた私のひとつの区切りです。

このことに関して、ほんっとうに、どれだけエネルギーを
費やしてきたかわかりません。

娘とも、ガチンコで、互いの本音をぶつけ合い、
取っ組み合いをしてきた、と言っても言い過ぎではないくらい。

本当に、辛くて苦しくて、孤独な闘いでした。

今日、教育委員会の方へ、話をさせていただいたことで、
私は、これまでの闘いを終了します。

もちろん、まだ娘のことは、終わったわけではないし、
これからもまた、いろんな問題というかハードルが
現れるだろうと思います。

でも、今日のこの区切りを、私はしっかり自分の中で
整理して受けとめました、と言います。

ここまで頑張ってきた自分に、
お疲れさま、よくやった、って言ってあげたいと思います。





クリックいただけると励みになります♪
よろしくお願いいたします☆
 ↓↓↓
広島ブログ

| 感じること | 22:53 | comments(2) |
真実を語る

真実を語ると
それまで見えていなかったことが明らかになり
その場を変えることがある

ぶっちゃけ、、、とか
実は、、、とか
そういう本音、結構大事だと私は思う

ある人が感じていることやその人の中で起こっていることは
その場にいる別の人も感じていたり
別の人の中にも起こっていたりするもの

それが明らかになるということは
ものすごくパワフルなエネルギーで
大きな変化を引き起こす
良い意味でも悪い意味でも

だけど、真実を語るには勇気が要る
パワフルなぶん、真実は人を傷付けるし
なかなか難しいのも現実で

勇気って大事
一歩踏み出す勇気

コーチとして意識していたいと思う



広島ブログ
 ↑↑↑ クリックいただけると励みになります♪
    よかったらお願いいたします☆

| 感じること | 22:37 | comments(0) |
柿の木とウグイスとホトトギス

私が住んでるビルの隣りは
このあたりの昔からの大地主さんの家があり
ビルのすぐ横に
大きな古い柿の木が一本立っている
私が子供の頃からずっとあるから
樹齢何年なんだろ 40年以上あるのかな?

その柿の木に
鳥たちがやってくるのか
きれいなさえずりが気持ちよく聞こえてくる

今はウグイスの声も聞こえる

ある時友達に
「ウグイスとホトトギスって違う鳥なの?」と訊かれ
「違うと思うよ」とは答えたけど
よく知らないからウィキで調べてみたら

ウグイスは、スズメ目
ホトトギスは、カッコウ目

よーするに、簡単に言えば
ウグイスはスズメの仲間で、ホトトギスはカッコウの仲間
ってことなんだろーな

大きさも違うし、鳴き声も違う
(ウィキで鳴き声聴けるよ)

ホトトギスといえば、私は正岡子規を思い出す

子規という雅号はホトトギスの異称
結核で喀血する自分を
血を吐くまで鳴くと言われるホトトギスに喩えたんだって

ホトトギスのさえずりは激情的と言われ
大昔から日本では和歌に詠まれたり
いろんな文書に登場することが多いそうです

有名な『ホトトギス』という文芸誌は子規にちなんだもの
夏目漱石が『吾輩は猫である』『坊ちゃん』を発表した雑誌

…以上、高校生の頃文学史で習ったことのうろ覚えと
ウィキからの引用でした…

ウグイスも、日本の文化と深いつながりあるよね
春告鳥(はるつげどり)っていう異名がすてき
うぐいす色とかうぐいす嬢とか

うぐいすを自治体の鳥として指定してるところ
たくさんあるんだって(これもウィキ知識)

春はたくさんの命が生き生きと躍動し始め
気持ちが晴れ晴れうきうきする
何もかもこれから、って感じがいい
(そのぶん、その影もあるんだろうけど)

俳句とか短歌とか 詠めるようになれたら素敵だな

日本文化大好き
(今は漫画も立派な日本の文化)
日本人だから 日本のことちゃんと知っていたい
大切にしよう 日本の文化

友達の無邪気な質問から日本文化の話にまでなるなんて
「問いは人生を変える」と榎本さんは言ってたけど
本当に、問いはパワフルだなぁ

以上、つれづれなるままに、でした。


広島ブログ
 ↑↑↑ ブログランキングに参加しています。
    クリックしていただけると嬉しいです♪

| 感じること | 11:38 | comments(0) |
本屋さん好き

今はほぼ大型店ばかりになってしまったけど
本屋さんは昔ながらの昭和の香り漂う店がいい

おばちゃんやおじちゃんがはたき持ってうろうろしてるような
お店の中がぐるりと見渡せるくらいの小さな店
学校帰りの制服姿の学生が立ち読みしてるような店

中に入るとぷーんと本の匂い
紙の匂い?インクの匂い?
真新しい本の匂い、大好き

まだ小学2年生だった頃
月に2回か3回ぐらいかなぁ
母からお金もらって
一人で読みたい本を探しに
近所の本屋さんに行ってた

時間たっぷりかけて
どの本を読もうか、どの本を買おうか、
うんと迷って考えて 1冊だけ買う

新しい本を抱えて家に帰る道
どんなにわくわくしていたか
家に着くと 一気に読んでたっけ

その頃読んだ本は ずっと心の中の宝物

ネットがなかった時代
本屋に置いてない本はその近所の本屋で注文してた
「届くの2週間後ですよー」とか普通だった気がする
その日が待ち遠しくてたまらなかったっけ
読みたい本を待つ幸せ

小学校の高学年になって
紙屋町にあるバスセンターの中の紀伊国屋に
初めて行った時は興奮した
本がいっぱい、たっくさんあるって
ここ、大好き!って


今日は久しぶりに本屋さんに行きました
新しい本との出会い満喫

おーなり由子さんの『ひらがな暦』



おーなり由子さんの絵が好きです

初めて出会ったのは 『月の砂漠をさばさばと』



絵が忘れられなくて、その後何冊か読みました









この絵を見るとホッとします
色づかいがすてき

大人になってから
絵本が好きになりました
娘が小さかった頃 読み聞かせするのに
いろいろ見てるうちに 自分が楽しくなってきちゃって

今日見つけた絵本で興味深かったのはこれ


うつ病だった人が書いた本

最初に
(あえて)親愛なる家族と友人には捧げません
と書いてあるところが気に入りました

本との出会いは宝物です
一冊の本が人生を変えることがある


ちなみに 今日買った本はこの2冊でした



もう雨やんじゃったかもしれないけど
春の雨音ききながら 本を読むのも悪くない



| 感じること | 21:22 | comments(0) |
捨てる
新しい冷蔵庫が我が家にやって来て、
それにともない、お掃除したので、
おうちが少しきれいになりました。

けっこう捨てた、いろいろ。
あってもいいけど、ま、要らないかな、と
思いきって捨てたもの、いっぱいあった。
溜めこむのはほどほどにしないとね。
思いきって捨てるのは結構気持ち良かった。

捨てるって、手放すってことだよね。

手放せないものなのか、
手放さないものなのか、
手放したくないものなのか。

何かをプラスしていくことと、何かをマイナスしていくこと。

バランスなんだろうけど、
今必要なのは、マイナスの方なのかもしれない、って
なんとなく感じる。


| 感じること | 00:00 | comments(0) |
1/3 >>